Blog&column
ブログ・コラム

モラハラについて

query_builder 2023/04/13
コラム
こころと発達の相談室さくら

モラルハラスメント(モラハラ)は、権力関係がある相手に対して精神的苦痛を与える行為です。パートナーや上司、同僚、家族、友人など、身近な人からモラハラを受ける場合があります。モラハラは、相手の自尊心を傷つけ、自信を失わせることにより、被害者をコントロールしようとする意図があります。モラハラは目に見えないため、被害者が周囲に理解されず、孤立感や不安感、うつ病、トラウマなどの症状を引き起こすことがあります。

 

こうした状況下で被害者は一人で抱え込まず、専門家のカウンセリングを受けることが重要です。カウンセリングを受けることで、被害者は自分自身を取り戻し、再び自信を取り戻すことができます。以下では、モラハラについてのカウンセリングの手法について詳しく説明します。

 

 

 

【被害者の話を聞く】
モラハラの被害者は、一人で抱え込むことが多く、孤立感を感じていることがあります。まずは、被害者の話をじっくりと聞き、被害者の感情を受け止めることが重要です。被害者が感じている苦痛や悲しみ、怒りなどを共有し、被害者の感情を理解することが必要です。

 

【被害者の自己肯定感を高める】
モラハラの被害者は、自分自身を責めてしまうことがあります。カウンセラーは、被害者の自己肯定感を高め、被害者自身が自分を取り戻すことができるようにサポートします。被害者が自分自身を肯定し、自信を持つことで、モラハラの影響から解放されることができます。

 

【被害者のストレス管理のサポート】
モラハラを受けると、被害者は精神的に不安定になります。カウンセラーは、被害者がストレスをうまく管理できるようにサポートします。ストレス管理のためには、深呼吸やリラックスした音楽を聴くことなど、様々な方法があります。また、運動やヨガなどの身体活動もストレス解消に役立つことがあります。

 

【被害者に対する支援】
カウンセラーは、被害者が自分自身を取り戻すために、被害者に対する支援を行います。具体的には、被害者が持つ強みや能力を見つけ出し、それを活かして自信を持たせることが重要です。また、被害者がモラハラを受ける前の自分を取り戻すためのプロセスを一緒に考えることも必要です。

 

【被害者の人間関係の改善】
モラハラを受けると、被害者の人間関係が悪化することがあります。カウンセラーは、被害者の人間関係の改善に向けたアドバイスを行います。具体的には、相手とのコミュニケーションの改善や、適切な距離感を持つことなどが考えられます。また、場合によっては、職場や家庭の環境の変化が必要になることもあります。

 

【モラハラを受けた経験からの学び】
モラハラを受けた経験は、被害者にとって苦痛なものであると同時に、成長の機会でもあります。カウンセラーは、被害者がモラハラを受けた経験から学び、自分自身を成長させることができるようにサポートします。モラハラを受けたことがなければ、被害者が持つ強みや能力を発見することができなかった可能性があります。被害者がモラハラを受けた経験から学び、自分自身を成長させることができるようにカウンセラーがサポートすることは非常に重要です。

 

 

 

【まとめ】


モラルハラスメント(モラハラ)は、被害者に精神的苦痛を与える行為であり、被害者をコントロールしようとする意図があることが多いです。モラハラを受けた場合、一人で抱えることは難しく、専門家のサポートが必要となります。カウンセリングによって、被害者は自分自身を取り戻し、成長することができます。カウンセラーは、被害者の話を聴き、被害者が抱える問題を理解し、解決するためのアドバイスを行います。具体的には、感情のコントロールやストレス解消の方法を教えたり、被害者の強みや能力を見つけ出して自信を持たせたりします。また、被害者の人間関係の改善に向けたアドバイスを行うこともあります。

モラハラは、被害者にとって非常に深刻な問題であり、その被害は長期間にわたって続くことがあります。被害者が一人で抱え込まず、早期に専門家のサポートを受けることが重要です。また、職場や家庭の環境の改善が必要である場合は、その改善に向けた取り組みも必要となります。

 

最後に、モラハラは被害者だけでなく、周りの人々にも大きな影響を与える問題であることを忘れてはいけません。職場や家庭など、身近な場所でモラハラが行われていると感じた場合は、早急に対処する必要があります。モラハラを行う人物を直接指摘することは難しい場合もありますが、専門家のサポートを受けたり、相談することができます。モラハラを放置することは、被害者だけでなく、周りの人々にも深刻な影響を与えることがあるため、問題解決に向けた取り組みが必要です。

NEW

  • ストレスマネジメントについて

    query_builder 2023/04/21
  • メンタル疾患について

    query_builder 2023/04/19

CATEGORY

ARCHIVE